甘い!! とうもろこし丸篤農園
ホーム 販売のご案内 丸篤農園とは

前のページ

一覧

次のページ

とうもろこしのマルチについて

2024/05/02 18:56:23
テーマ:コラム

とうもろこしはマルチ栽培が常識のようになっていますが、うちはマルチなしで栽培しています。

以前はマルチ栽培をしていましたが、「不要だな」という結論になったので、現在はマルチなしです。

何年か前までやっていた、とうもろこしのマルチ栽培

黒マルチ栽培のメリットは地温の上昇、適度な保湿、雑草対策、土の膨軟化など、多岐にわたりますが、栽培面積が広いとマルチを掛けるのも、剥がすのも相当に大変です。それから大量のゴミを出すのも嫌です。

一時期、銀ネズマルチも使っていましたが、確かに黒マルチより地温は上がるものの、ただそれだけ。

マルチをしてもしなくても、最終的にとうもろこしの出来は同じです。

あとは管理のしやすさの問題で、マルチをしたほうが管理しやすければマルチをすればいいし、マルチで管理しにくければマルチをしなければ良いだけです。

ただ、地温がかなり低い時季から栽培する場合は、マルチは一定の効果があると思います(特に地温の面で)。

あと、マルチ栽培の場合は、いつ剥がすかという問題があると思います。

最後までマルチを張ったまま――それもいいでしょう。途中で剥がす――それもいいでしょう。

とうもろこしの出来には関係がないので、いつでもいいです。

こちらも管理しやすいタイミングに剥がすのがベストです。

最後までマルチを張ったままにしておくと剥がすのが大変です。

8葉~10葉期くらいまでに剥がせば楽に剥がせます。やり方なんてありません。剥がすだけです。


前のページ

一覧

次のページ
販売速報
2024/05/08 19:40現在
営業状況 シーズン前
在庫 --
お客様 --
今シーズンの販売は8月上旬に1~2日間程度の予定です。

最新の記事
とうもろこし 早くも3葉期 NEW!

今年は早いひまわり

とうもろこしの種をまきました

とき農園さんの野菜苗、販売中です

とうもろこしのマルチについて

一覧を見る
テーマ
お知らせ(301)

農園の様子(241)

小学生のチラシ(24)

コラム(16)

Copyright © Marutoku-noen
美濃桔梗